[UWP] JSONファイルをシリアライズする

前回の記事ではJSONのデシリアライズについて紹介しました。

今回はシリアライズについて見ていきます。コードは以下の通りです。

1行目でシリアライザーを作成します。このときシリアライズするデータの型をtypeof()で指定します。

続いて、MemoryStreamを作成し、5行目のWriteObjectでStreamに書き出します。買い出すのは実際にデータの入っているクラスのインスタンス(この例ではpref)です。

あとは6行目でシリアライズをします。この結果変数jsonDataにはクラスから読み取ったデータがJSON形式の文字列となって代入されます。

var serializer2 = new System.Runtime.Serialization.Json.DataContractJsonSerializer(typeof(List<Prefecture>));

using (var stream = new MemoryStream())
{
    serializer2.WriteObject(stream, pref);
    string jsonData =  System.Text.Encoding.UTF8.GetString(stream.ToArray());
}

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください