[Visual Studio][Xamarin][iOS] イベントを作成する

前回の記事ではUI部品を配置する方法を紹介しました。

今回はイベントを作成する方法について見ていきましょう。

それではButtonのクリックイベントを作成してみましょう。

前回までに作成しているプロジェクトを開きます。続いて画面に配置してるButtonをダブルクリックします。

するとViewController.csが開き、以下のようにTouchUpInsideのイベントが作成されます。

partial void BtnClickMe_TouchUpInside(UIButton sender)
{
    throw new NotImplementedException();
}

このように、画面に配置したUI部品をダブルクリックすると、既定のイベントが作成されます。

続いて、Buttonがクリックされたら配置しているLabelに「Hello!」という文字列を表示してみましょう。

Labelには「lblMsg」という名前を付けていますので、コードは以下のようになります。

partial void BtnClickMe_TouchUpInside(UIButton sender)
{
    lblMsg.Text = "Hello";
}

コードの編集が完了したら、シミュレーターで実行確認してみましょう。

Visual Studioの上部で[Debug]-[iPhoneSimulator]を選択し、任意のシミュレーターを選択して実行をします。

デバッグ実行

しばらくするとMac側でシミュレーターが起動し、作成したアプリの動作を確認することができます。

シミュレーターの起動

関連記事

[Visual Studio][Xamarin][iOS] Macに接続する
[Visual Studio][Xamarin][iOS] UI部品を配置する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です