[Visual Studio][Xamarin][Android] UI部品を配置する

今回はXamarinを使用してAndroidのプロジェクトを作成してUI部品を配置する方法を見ていきましょう。

新規プロジェクトの作成を開き、左側で「Android」を選択して一覧から「Blank App(Android)」を選択します。あとは名前欄にプロジェクト名を入力して[OK]ボタンを押します。

プロジェクトの作成

プロジェクトの作成が完了すると、画面中央にはGet Start With Xamarinが表示されます。

Get Start With Xamarin

メイン画面デザイン用のファイルは、Resources\layoutフォルダーにあるMain.axmlというファイルです。拡張子が*xamlかと思いましたが、*.axmlなんですね。紛らわしい…

このファイルをダブルクリックすると画面中央にはAndoroidの画面が表示され、左側にはツールボックスがあることがわかります。

メイン画面のデザインファイル

UI部品はツールボックスからメイン画面にドラッグ&ドロップで配置することができます。

今回はButtonとText(Latge)を配置してみましょう。

ドラッグ&ドロップでUI部品を配置

次回は配置したButtonコントロールのイベントを作成する方法を見ていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください