[Xamarin][CrossPlatform][Control] ContentPage

今回から少しずつXamarin.Formsで使用可能なコントロールについて見ていきます。

Windows, MacのどちらのXamarin環境でも動作は同じものと思われます。是非参考にして下さい。

今回はContentPageについて見ていきましょう。

ContentPageはページ系コントロールの1つです。クロスプラットフォームのプロジェクトを作成すると、メインのページに配置されるので見たことがあるのではないでしょうか。

このコントロールは主にシングルページを表すためのもので、コントロールを1つだけ配置することができます。コンテナコントロールを使用することで複数のコントロールを配置することができます。

以下にStackLayoutを配置して、その中に LabelとButtonを配置する例を示します。

<ContentPage xmlns="http://xamarin.com/schemas/2014/forms" xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2009/xaml" xmlns:local="clr-namespace:XamSample" x:Class="XamSample.XamSamplePage">
	<StackLayout Spacing="20" Padding="20"
			VerticalOptions="Center" Orientation="Horizontal">
		<Label x:Name="lblMsg" Text="Welcome to Xamarin Forms!" VerticalOptions="Center" HorizontalOptions="Center" />
		<Button Text="ABC" x:Name="btnOk"/>
	</StackLayout>
</ContentPage>

実行結果を以下に示します。

ContentPage

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です