[Xamarin][CrossPlatform][Control] AbsoluteLayout

前回のStackLayoutは、コントロールを積み上げて配置するため、任意の位置に配置することはできませんでした。

今回紹介するAbsoluteLayoutを使用すると、任意の位置に任意のサイズで配置することが可能です。

早速XAMLコードを見てみましょう。

<AbsoluteLayout>
  <Label Text="左10,上20,幅300,高さ60"
    BackgroundColor="Fuchsia"
    AbsoluteLayout.LayoutBounds="10,20,300,60" />
  <Label Text="左80,上60,幅250,高さ500"
    BackgroundColor="Yellow"
    AbsoluteLayout.LayoutBounds="80,60,250,500" />
  <Label Text="左60,上180,幅200,高さ350"
    BackgroundColor="Olive"
    AbsoluteLayout.LayoutBounds="60,180,200,350" />
</AbsoluteLayout>

Absoluteコントロールの内側に配置したコントロールは、添付プロパティAbsoluteLayout.LayoutBoundsを使用できるようになります。このプロパティには「左からの位置」「上からの位置」「幅」「高さ」の4つの値をカンマで区切って指定することができます。

上記のXAMLコードの実行例を以下に示します。この例を見てもわかるとおり、自由に配置できることがわかります。

AbsoluteLayoutコントロールの使用例

 
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です