[Xamarin][CrossPlatform][Control] ActivityIndicator

ActivityIndicatorを使用すると、アプリがビジー状態であることを示すことができます。

表示されるインジケーターはプラットフォーム毎に異なり、iOSとAndroidの場合はリング型で、UWPの場合はドットがよ横方向に流れるアニメーションが表示されます。

IsRunningプロパティにtrueを設定することでアニメーションが開始されます。IsVisibleプロパティ(bool型)を設定することで表示と非表示を切り替えることができます。普段は非表示にしておき、必要に応じて表示するようにするとよいでしょう。

以下にトグルスイッチがONの状態のときにActivityIndicatorを表示する例を示します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<ContentPage xmlns="http://xamarin.com/schemas/2014/forms"
             xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2009/xaml"
             xmlns:local="clr-namespace:ActivityIndicator"
             x:Class="ActivityIndicator.MainPage">

  <StackLayout Margin="10,30,10,10">
    <Switch x:Name="switchIndicator" IsToggled="False" />
    <ActivityIndicator x:Name="indicator" Color="Purple" IsRunning="False" IsVisible="false"/>
  </StackLayout>

</ContentPage>
public partial class MainPage : ContentPage
{
    public MainPage()
    {
        InitializeComponent();

        switchIndicator.Toggled += (sender, e) =>
        {
            indicator.IsRunning = true;
            indicator.IsVisible = switchIndicator.IsToggled;
        };
    }
}

ActivityIndicatorの例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.