[Xamarin][CrossPlatform][Control] Button

今回はButtonコントロールの使用方法について見ていきます。

Buttonコントロールの表面に表示するテキストはTextプロパティで、テキストの色はTextColorプロパティで設定をします。

また、枠線の色はBorderColorで、四隅の角はBorderRadiusに値を指定して丸くすることができます。枠線の幅はBorderWidthプロパティで指定します。

<StackLayout Padding="10,30,10,10">
   <Button x:Name="button"
           Text="Clicke Me!" 
           TextColor="Purple" 
           BorderColor="Green" 
           BorderRadius="5" 
           BorderWidth="3" 
           Grid.Row="0"/>
</StackLayout>

続いてClickイベントを見ていきましょう。

以下はMainPage.xamlのコンストラクタ内でClickイベントを作成する例です。

この例ではClickedイベントが発生したときにDisplayAlertアラートダイアログを表示します。DisplayAlertメソッドの第1引数にはタイトルを、第2引数にはメッセージを、第3引数にはキャンセルボタン(ダイアログを閉じるためのボタン)のテキストを指定します。

public MainPage()
{
    InitializeComponent();

    button.Clicked += (sender, e) => { 
        DisplayAlert("タイトル", "メッセージ", "キャンセル");
    };
}

以下に実行例を示します。

Buttonの使用例

DisplayAlertの使用例

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です