[Xamarin][CrossPlatform][Control] Switch

Switchコントロールは、文字通りスイッチを表現するためのコントロールです。

使用方法は簡単です。

スイッチの状態を変更するにはIsToggledプロパティを使用し、スイッチをONにするにはTrueを、スイッチをOFFにするにはFalseを設定します。

以下は、SwitchとLabelコントロールを1つずつ配置し、スイッチの状態をLabelに表示する例です。

<StackLayout>
  
  <Switch x:Name="mySwitch" HorizontalOptions="Center" VerticalOptions="CenterAndExpand"
			IsToggled="true" />
  
  <Label x:Name="lblStatus" FontSize="Large"
			HorizontalOptions="CenterAndExpand" VerticalOptions="CenterAndExpand"
			Text="スイッチ ON" />

</StackLayout>

Switchの状態が変更されるとToggledイベントが発生します。このイベントを利用して、スイッチの状態を確認してLabelに表示するコード例を以下に示します。

public MainPage()
{
    InitializeComponent();

    mySwitch.Toggled += (sender, e) =>
    {
        lblStatus.Text = "スイッチ " + (mySwitch.IsToggled ? "ON" : "OFF");
    };
}

実行例は以下の通りです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です