[GitHub] Gitを使用する(3)

前回と前々回の記事で、GitHubへのアカウントを作成し、リポジトリを作成するまでを説明しました。

今回は、Visual Studio for Macから、コミット、プッシュする方法について見ていきましょう。

そもそもコミットとプッシュは何が違うのか

ソース管理にはGitの他にもSubversion(以降svn)やcvsなどがあります。

良く使用されるのはsvn、Gitあたりでしょうか。

svnにおけるコミットは、変更のあったソースをリポジトリに反映することをいいます。

では、svnにおけるコミットはというと、ローカルのソースをリポジトリに登録するというシンプルなものです。

Gitはというと、ローカルの変更のあったソースをローカルリポジトリに反映させることをコミット(Commit)と呼びます。

また、ローカルリポジトリの内容をリモートリポジトリに反映させることをプッシュ(Push)と呼びます。

Visual Studio for Macでのリポジトリ設定

Visual Studio for MacでGitによるソース管理を行うには、設定が必要です。

この設定は、メニューの[バージョン管理]-[ブランチとリモートを管理する]から行います。

以下のダイアログが表示されるので[追加]ボタンをクリックします。

続いて以下のダイアログが表示されます。名前欄には人にの名称を入力しURLには、作成しておいたリポジトリのパスを入力します。入力が完了したら[OK]を押してダイアログを閉じます。

コミット、プッシュを実行する

続いて、コミットやプッシュをする方法を見ていきましょう。

こちらも[バージョン管理]のメニューから実行が可能で、以下のように[ソリューションを確認してコミット]でローカルリポジトリに反映、[変更をプッシュ]でリモートリポジトリへ反映します。

リモートリポジトリに正しく反映できた場合は、GitHubのサイトで以下のように確認できます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です