[Tips][ファイル操作] ファイルアクセス日時を取得/設定する

ファイルの最終アクセス日時を取得するにはFileクラスのGetLastAccessTimeメソッドを、最終アクセス日時を設定するにはSetLastAccessTimeメソッドを使用します。

下記は、ファイルの最終アクセス日時を取得する例です。

VBの例(ファイルアクセス時の取得)

Dim targetFile As String = "C:\Work\Test.txt"   '対象ファイル
Dim lastAccessTime As Date

lastAccessTime = IO.File.GetLastAccessTime(targetFile)

MessageBox.Show(targetFile & " の最終アクセス日時日時は " & lastAccessTime.ToString() & " です")

C#の例(ファイルアクセス日時の取得)

string targetFile = @"C:\Work\Test.txt";    // 対象ファイル
DateTime lastAccessTime;

lastAccessTime = System.IO.File.GetCreationTime(targetFile);

MessageBox.Show(targetFile + " の最終アクセス日時は " + lastAccessTime.ToString() + " です");

下記は、ファイルのアクセス日時を設定する例です。

VBの例(ファイルアクセス日時の設定)

'2011/4/2 9:00:00をアクセス日時にする
Dim newLastAccessTime As New Date(2011, 4, 2, 9, 0, 0)
IO.File.SetLastAccessTime(targetFile, newLastAccessTime)

C#の例(ファイルアクセス日時の設定)

// 2011/4/2 9:00:00をアクセス日時にする
DateTime newLastWriteTime = new DateTime(2011, 4, 2, 9, 0, 0);
System.IO.File.SetCreationTime(targetFile, newLastWriteTime);

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です