[Xamarin.iOS] 04.Buttonコントロール

はじめに

今回は、Xamarin.iOS開発におけるButtonコントロールの使用方法を見ていきます。

環境

Visual Studio for Mac Community バージョン7.4(build 1033)

ターゲットOS:iOS11.2以上

画面のデザイン

はじめに、単一ビューアプリプロジェクトを作成したら、ソリューションエクスプローラーでMain.storyboardを開きます。

ツールボックスから、ButtonコントロールとLabelコントロールを1つずつ貼り付けてください。

次に、LabelコントロールのNameプロパティに「labelMsg」と入力します。これで、コードからlabelMsgという名前でLabelコントロールが操作できるようになります。

Buttonのイベントを作成する

続いてButtonがタップされたら、Labelに「Hello!!」と表示するようにして見ましょう。

Buttonがタップされたことを知るには、イベントを作成する必要があります。

貼り付けたButtonを選択状態にしたら、プロパティのEventsタブを選択します。次に、UpInsideの欄に任意のイベント名を入力します。ここでは「Button_TouchUp」としました。

「Button_TouchUp」と入力したら、そのまま[enter]キーを押してください。

コードエディタが開き、今入力した「Button_TouchUp」のイベントコードをどこに挿入するかを聞かれます。[↑]キーまたは[↓]キーで挿入位置を選択し、[enter]キーを押すと、イベントコードが挿入されます。

イベントコードが挿入されたら、以下のようにコードを編集します。

partial void Button_TouchUp(UIButton sender)
{
	labelMsg.Text = "Hello!!";
}

先ほど名前をつけた「labelMsg」のTextプロパティに「Hello!!」を代入していますので、ButtonをタップするとLabelには「Hello!!」が表示されます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です