[Unity 2D] Unityエディタの理解




はじめに

前回はUnity環境のインストールとプロジェクトの作成について説明しました。

今回は、Unityエディタの各部について見ていきます。

Unityエディタの各部の名称と用途

プロジェクトを作成すると、Unityエディタが表示されます。

初期状態は以下のようになっています。

SceneビューとGameビュー

画面中央の枠はSceneビューです。

ゲームオブジェクトを配置し、ゲームの作成を行うビューです。

ちなみに、デフォルト設定では、この枠でGameビューとの切り替えを行うことができるようになっています。Gameビューは実行結果を確認するためのビューです。

Hierarchyビュー

画面左上の枠はHierarchy(ヒエラルキー)ビューです。ここではSceneビューに配置したゲームオブジェクトを一覧で確認することができます。

Projectビュー

画面左下の枠はProjectビューです。ここでは、ゲームで使用するアセット(Assets)を管理します。

Inspectorビュー

画面一番右側がInspector(インスペクタ)ビューです。Visual Studioにおけるプロパティウィンドウに相当します。選択されたオブジェクトやリソースの情報が表示されます。選択しているオブジェクトによって、表示される内容が変わります。

レイアウトの変更

Unityエディタの各ビューは、タブをドラッグして好きな位置に配置することができます。このほかに、メニューの[Window]-[Layouts]から、あらかじめ準備されているレイアウトに変更することもできます。

2 by 3

2 by 3を選択すると、画面左側にSceneとGemeのビューが縦に2つ、その右側にHierarchy、Project、Inspectorのビューが並びます。

4 Split

4 Splitは画面左側にSceneが4つ並びます。3Dゲームの開発においては、様々な角度から見る必要があるので、おすすめの設定です。2D開発では4つもSceneは要らないでしょう。

Tall

Tallを選択すると、画面左半分がSceneになります。2D開発向きの設定です。

Wide

Wideを選択すると、画面の3/4ほどがSceneになります。こちらも2D開発に最適です。

Default

既定の設定に戻したい場合は、Defaultを選択してください。冒頭のスクショのビュー配置になります。

Save Layout

Save Layoutを選択することで、自分でカスタマイズした配置を記憶しておくことができます。

 

次回以降、2D開発の説明を行っていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください