[TypeScript] 配列型とタプル型

はじめに

TypeScriptでは、JavaScript と同様に配列を使用することができます。またJavaScriptにはないタプル型も使用可能です。

今回は、配列とタプルについて説明します。

目次

配列型

配列の宣言と値の参照

TypeScript において配列を宣言するには、以下の書式を使用します。

let 変数名 : データ型[] = [値1, 値2, ... 値n]

例えば数値(number)型の配列を宣言するには以下のようにします。

また、配列の値を参照するには「変数名[要素番号]」のようにします。要素番号は0から数えます。

// TypeScript における配列の宣言
let num : number[] = [1,2,3]

console.log(num[0]);    // 1
console.log(num[1]);    // 2
console.log(num[2]);    // 3

上記のコードは、以下に示す JavaScriptコード に変換されます。

// 変換された JavaScript コード
let num = [1, 2, 3];
console.log(num[0]); // 1
console.log(num[1]); // 2
console.log(num[2]); // 3

多次元配列の宣言と値の参照

続いて多次元配列の宣言方法をみてみましょう。

以下は2次元配列を宣言するときの書式です。[]の数が次元数を表します。よって3次元配列にしたい場合は[]を3つにします。

let 変数名 : データ型[][] = [[値1,値2, ...],[値1, 値2...]]

以下に TypeScript における2次元配列の宣言の例を示します。

// TypeScript における2次元配列の宣言
let num : number[][] = [[1,2,3],[4,5,6]]

console.log(num[0][0]);  // 1
console.log(num[0][1]);  // 2
console.log(num[0][2]);  // 3
console.log(num[1][0]);  // 4
console.log(num[1][1]);  // 5
console.log(num[1][2]);  // 6

上記のコードは、以下に示す JavaScriptコード に変換されます。

// 変換された JavaScript コード
let num = [[1, 2, 3], [4, 5, 6]];
console.log(num[0][0]); // 1
console.log(num[0][1]); // 2
console.log(num[0][2]); // 3
console.log(num[1][0]); // 4
console.log(num[1][1]); // 5
console.log(num[1][2]); // 6

 

せっかくなので 3次元配列の例も示します。

// TypeScript における 3次元配列の宣言
let num : number[][][] = [
    [[1,2,3],[4,5,6]],
    [[7,8,9],[10,11,12]]
]

console.log(num[0][0][0]); // 1
console.log(num[0][0][1]); // 2
console.log(num[0][0][2]); // 3
console.log(num[0][1][0]); // 4
console.log(num[0][1][1]); // 5
console.log(num[0][1][2]); // 6
console.log(num[1][0][0]); // 7
console.log(num[1][0][1]); // 8
console.log(num[1][0][2]); // 9
console.log(num[1][1][0]); // 10
console.log(num[1][1][1]); // 11
console.log(num[1][1][2]); // 12

上記のコードは、以下に示す JavaScriptコード に変換されます。

// 変換された JavaScript コード
let num = [
    [[1, 2, 3], [4, 5, 6]],
    [[7, 8, 9], [10, 11, 12]]
];
console.log(num[0][0][0]); // 1
console.log(num[0][0][1]); // 2
console.log(num[0][0][2]); // 3
console.log(num[0][1][0]); // 4
console.log(num[0][1][1]); // 5
console.log(num[0][1][2]); // 6
console.log(num[1][0][0]); // 7
console.log(num[1][0][1]); // 8
console.log(num[1][0][2]); // 9
console.log(num[1][1][0]); // 10
console.log(num[1][1][1]); // 11
console.log(num[1][1][2]); // 12

タプル型

タプル型は JavaScriptにはありません。そこで TypeScript では JavaScript の配列をタプルとして扱えるように設計されています。

タプルの宣言は以下の書式を使用します。[]の中のデータ型はカンマで区切ることで複数置くことができます。

let 変数名: [データ型, データ型] = [値, 値];

以下にタプル型の宣言例を示します。この例では string と number の組み合わせを持つタプル型を宣言しています。値の参照は「変数名[要素番号]」のように書きます。

// TypeScript におけるタプル型の宣言
let data : [string, number] = ["アイス", 210]

console.log(data[0]); // アイス
console.log(data[1]); // 210

上記のコードは、以下に示す JavaScriptコード に変換されます

// 変換された JavaScript コード
let data = ["アイス", 210];
console.log(data[0]); // アイス
console.log(data[1]); // 210

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください