[TypeScript] 論理演算子

スポンサーリンク

はじめに

2つ以上の条件式の演算結果を取得するには、論理演算子を使用します。

今回は、TypeScript で使用できる論理演算子について説明します。

スポンサーリンク

目次

スポンサーリンク

論理 AND 演算子(&&)

オペランドの左側と右側の値が共に true のときに true を返し、それ以外のときは false を返します。

以下に例を示します。

console.log(true && true);      // true
console.log(true && false);     // false
console.log(false && true);     // false
console.log(false && false);    // false
スポンサーリンク

論理 OR 演算子(||)

オペランドの左側または右側のどちらかが true のときに true を返し、それ以外のときは false を返します。

以下に例を示します。

console.log(true || true);      // true
console.log(true || false);     // true
console.log(false || true);     // true
console.log(false || false);    // false
スポンサーリンク

論理 NOT 演算子(!)

値が true のときは false を返し、false のときは true を返します。

以下に例を示します。

console.log(!true);     // false
console.log(!false);    // true

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました