[TypeScript] 繰り返し処理 for 文

スポンサーリンク

はじめに

TypeScript では for を使用した繰り返し処理を行うことができます。

今回は、for文について説明します。

スポンサーリンク

目次

for

for は、条件で指定されたコードブロックを指定された回数実行するために使用されます。

使用方法は、C言語や、C#, Java と同じです。

書式を以下に示します。

初期化式で繰り返し回数をカウントする変数の初期化を行い、条件式でどこまで繰り返すかを指定し、更新式で繰り返し回数ををカウントする変数を更新します。

// for の書式
for (初期化; 条件式; 更新式) {
  // 繰り返し実行する処理
}

10 回繰り返しを行う例を以下に示します。

for (let i = 0; i < 10; i++) {
    console.log(i + "回目");
}
スポンサーリンク

for..of

for..of は、コレクションから値を1つずつ取得しながら繰り返し処理を行います。

書式を以下に示します。

// for..of の書式
for (変数 of コレクション) {
  // 繰り返し実行する処理
}

以下は、配列から値を取り出しながら表示する for..of loopの例です。

let array = [1,2,3,4,5];

for (let val of array) {
    console.log(val);  // 1,2,3,4,5
}
スポンサーリンク

for..in

for..in は for..of に似ていますが、コレクションから値を1つずつ取り出すときにインデックスを返すという点で異なります。

書式を以下に示します。

// for..in の書式
for (変数 in コレクション) {
  // 繰り返し実行する処理
}

以下は、配列からインデックスを取得しながら表示する for..in loopの例です。

let array = [1,2,3,4,5];

for (let index in array) {
    console.log(index);  // 0,1,2,3,4
}

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました