[TypeScript] 条件分岐 switch 文

スポンサーリンク

はじめに

TypeScript でも switch 文を使用することができます。

今回は、TypeScript における switch 文の使用方法を説明します。

スポンサーリンク

switch 文

switch 文は複数の値をチェックして、一致した値に対するステートメントを実行するのみ使用されます。

構文を以下に示します。switchのブロック内には複数の case を含めることができ、case には、定数式または変数式と比較したい値を書きます。

case ブロックを停止するには、break キーワードを使用します。

どの値とも一致しない場合に実行したい処理がある場合は default を使用します。

// switch 文の書式
switch (定数式 または 変数式) {
case 値1:
  // 値1と一致した場合に実行するステートメント
  break;
case 値2:
  // 値2と一致した場合に実行するステートメント
  break;
case 値n:
  // 値1nと一致した場合に実行するステートメント
  break;
default:
  // どの値とも一致しなかった場合に実行する処理
}

以下に例を示します。この例では、元号を表すアルファベットと一致した場合に、元号を表す漢字を表示します。

let x = "R";

switch (x) {
    case "M":
        console.log("明治");
        break;
    case "T":
        console.log("大正");
        break;
    case "S":
        console.log("昭和");
        break;
    case "H":
        console.log("平成");
        break;
    case "R":
        console.log("令和");
        break;
    default:
        console.log("どの元号にも一致しません");
}

コメント

タイトルとURLをコピーしました