[TypeScript] アロー関数

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

TypeScript では、JavaScript と同様にアロー関数を使用することができます。

今回はアロー関数とは何かと、その定義方法と使用方法について説明します。

スポンサーリンク

目次

スポンサーリンク

アロー関数とは?

アロー関数とはES2015(ES6)からサポートされた、新しい関数です。

アロー関数の特徴は、関数を短く書くことができるという特徴があります。

アロー関数は前回紹介した無名関数をさらに省略して書くことができる関数ということもできます。

スポンサーリンク

アロー関数の定義

アロー関数定義の書式を以下に示します。

(引数1, 引数2, ...) => 処理

まずは、足し算をする無名関数をみてみましょう。

let addnum = function (x : number, y : number) : number {
    return x + y;
}

次に、上記の無名関数をアロー関数で書き換えた例を示します。function キーワードと return キーワードがなくなりましたが、動作は無名関数と変わりません。

let addnum = (x : number, y : number) => x + y;
スポンサーリンク

アロー関数の使用方法

アロー関数の使用方法は、無名関数と変わりません。アロー関数を変数に代入後、変数を関数のように使用します。

let addnum = (x : number, y : number) => x + y;

let ans = addnum(2,3);
console.log(ans);

ちなみに引数なしのアロー関数も作成できます。以下に「Hello」と表示するアロー関数の例を示します。

let hello = () => console.log("Hello");
hello();

コメント

タイトルとURLをコピーしました