[TypeScript] 静的メンバー

ああr通常、クラスはインスタンス化して使用しますが、インスアンス化しないで使用したいようなクラスもあります。

例えば、円周率 3.14 という値や、絶対値を計算する abs メソッドや、四角形の面積を計算するメソッドなど、様々な数学用の計算式を詰め込んだクラスがあるとします。このようなクラスはインスタンス化せずに、そのまま クラス名.abs やクラス名.rectangleArea のように使用したいですよね。

このような場合は、静的メソッド や 静的プロパティを作成することでインスタンス化しなくても使用できるようになります。

今回は、静的メンバーの定義方法とその使用方法について説明します。

目次

静的メンバーの定義方法

静的メンバーを作成するには、static キーワードを使用します。

以下は、pi という静的メンバー、rectangleArea という静的メソッドを持つ MyMath クラスを定義する例です。

class MyMath {
    static pi = 3.14;
    
    static rectangleArea(width : number, height : number) {
        return width * height;
    }   
}

静的メンバーを持つクラスの使用方法

静的メンバーは、インスタンス化することなく使用することができますので、クラス名.プロパティ名 や クラス名.メソッド名 のようにして使用することができます。

console.log(MyMath.pi);
console.log(MyMath.rectangleArea(3,4));

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください