[Tips][フォルダー操作] フォルダーの更新日時を取得/設定する

フォルダーの更新日時を取得するにはDirectoryクラスGetLastWriteTimeメソッドを使用します。

GetLastWriteTimeメソッドの第1引数には更新日時を取得したいフォルダーのパスを渡します。戻り値はVBの場合はDate型、C#の場合はDateTime型となります。

また、更新日時を設定する場合はDirectoryクラスSetLastWriteTimeメソッドを使用します。

SetLastWriteTimeメソッドの第1引数には更新日時を設定したいフォルダーのパスを、第2引数には新しく設定する更新日時を渡します。

下記はC:\Workというフォルダーの更新日時を取得/設定する例です。

VBの例

Dim targetDir As String = "C:\Work"

'フォルダーの更新日時を取得する
Dim lastWriteTime As Date = IO.Directory.GetLastWriteTime(targetDir)

MessageBox.Show(lastWriteTime.ToString())

'フォルダーの更新日時を変更する
Dim newDate As New Date(2011, 2, 6, 12, 0, 0)
IO.Directory.SetLastWriteTime(targetDir, newDate)

'フォルダーの日時を再度取得
lastWriteTime = IO.Directory.GetLastWriteTime(targetDir)

MessageBox.Show(lastWriteTime.ToString())

C#の例

string targetDir = @"C:\Work";

// フォルダーの更新日時を取得する
DateTime lastWriteTime = System.IO.Directory.GetLastWriteTime(targetDir);

MessageBox.Show(lastWriteTime.ToString());

// フォルダーの更新日時を変更する
DateTime newDate = new DateTime(2011, 2, 6, 12, 0, 0);
System.IO.Directory.SetLastWriteTime(targetDir, newDate);

// フォルダーの日時を再度取得
lastWriteTime = System.IO.Directory.GetLastWriteTime(targetDir);

MessageBox.Show(lastWriteTime.ToString());

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です