ドロップダウン部分に表示されるデータを設定する

ドロップダウン部分に表示されるデータを設定するには ItemSource プロパティ を使用します。

下記は fruitsACB という名前がついたAutoComleteBoxに表示されるデータを設定する例です。

ItemSource プロパティにデータを設定すると、オートコンプリート機能が働くようになります。

ドロップダウンに表示されるデータの設定

VBの例

Public Sub New()
    InitializeComponent()

    'データソースの設定
    fruitsACB.ItemsSource = GetItemSource()
End Sub

''' 
''' データソースを取得する
''' 
''' 
''' 
Private Function GetItemSource() As List(Of String)
    Dim fruits As New List(Of String)

    fruits.Add("Orange")
    fruits.Add("Grapes")
    fruits.Add("Pineapple")
    fruits.Add("Watermelon")
    fruits.Add("Strawberry")
    fruits.Add("Lemon")
    fruits.Add("Mandarin")
    fruits.Add("Lime")
    fruits.Add("Peach")
    fruits.Add("Loquat")

    Return fruits
End Function

C#の例

public Page1()
{
    InitializeComponent();

    // データソースの設定
    fruitsACB.ItemsSource = GetItemSource();
}

''' データソースを取得する
''' 
''' 
''' 
private List GetItemSource()
{
    List fruits = new List();

    fruits.Add("Orange");
    fruits.Add("Grapes");
    fruits.Add("Pineapple");
    fruits.Add("Watermelon");
    fruits.Add("Strawberry");
    fruits.Add("Lemon");
    fruits.Add("Mandarin");
    fruits.Add("Lime");
    fruits.Add("Peach");
    fruits.Add("Loquat");

    return fruits;
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です