境界線の太さを変更する

Borderコントロールの境界線の太さを変更するには、BorderThickness プロパティを使用します。

BorderThickness プロパティには Thickenss構造体を指定します。

Thickenss構造体に1つの値を指定した場合には四辺とも同じ太さになり、4つの値を指定した場合には四辺の太さがそれぞれ異なる境界線を描画することができます。

下記はWindowのLoadedイベントでBorderThickenss を 5に設定しています。四辺とも太さが5になります。

境界線の幅を5にする

VBの例

Private Sub Window_Loaded(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles MyBase.Loaded
    '四辺の長さをすべて5にする
    Border1.BorderThickness = New Thickness(5)
End Sub

C#の例

private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // 四辺の長さをすべて5にする
    border1.BorderThickness = new Thickness(5);
}

XAMLの例

<Border BorderBrush="Silver" BorderThickness="5" Height="134" HorizontalAlignment="Left" Margin="27,20,0,0" Name="border1" VerticalAlignment="Top" Width="146" />

次に、四辺がそれぞれ異なる境界線になるようにする例を紹介します。

Thickness構造体に 2,3,4,5 と指定すると、左2、上3、右4、下5の幅の境界線になります。

四辺の幅をそれぞれ指定する

VBの例

Private Sub Window_Loaded(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles MyBase.Loaded
    '左2、上3、右4、下5の幅にする
    Border1.BorderThickness = New Thickness(2, 3, 4, 5)
End Sub

C#の例

private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // 左2、上3、右4、下5の幅にする
    border1.BorderThickness = new Thickness(2, 3, 4, 5);
}

XAMLの例

<Border BorderBrush="Silver" BorderThickness="2,3,4,5" Height="134" HorizontalAlignment="Left" Margin="27,20,0,0" Name="border1" VerticalAlignment="Top" Width="146" />

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です