現在選択されている日付を取得する

選択されている日付を取得するには、SelectedDate プロパティまたは SelectedDates プロパティを参照します。

単一の日付しか選択できないようにしている場合(SelectionMode プロパティがSingleDate)にはSelectedDate プロパティを、複数の日付が選択できるようにしている場合(SelectionMode プロパティがSingleRangeまたはMultipleRange)には SelectedDates プロパティを参照します。

下記は、複数の日付が選択できるようにした Calendar コントロール上で、選択された日付をメッセージボックスに表示する例です。

選択されている日付を取得する

XAMLの例

<!-- SelectionMode に MultipleRange を設定して複数の日付を選択できるようにする -->
<Calendar SelectionMode="MultipleRange" />

VBの例

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles Button1.Click
    Dim selectedDate As String = ""

    For I As Integer = 0 To Calendar1.SelectedDates.Count - 1
        selectedDate &= Calendar1.SelectedDates(I).ToShortDateString() & ControlChars.CrLf
    Next

    MessageBox.Show(selectedDate)
End Sub

C#の例

private void button1_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    string selectedDate = "";

    for ( int i = 0; i < calendar1.SelectedDates.Count; i++ )
    {
        selectedDate += calendar1.SelectedDates[i].ToShortDateString() + "\r\n";
    }

    MessageBox.Show(selectedDate);
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です