使用できる範囲を設定する

Calendarコントロールは使用できる範囲を設定することができます。

使用可能開始日を設定するには DisplayDateStart プロパティを、使用可能終了日を設定する場合には DisplayDateEnd プロパティを設定します。

DisplayDateStart プロパティとDisplayDateEnd プロパティは、どちらか一方だけを指定することもできますし、両方指定することもできます。

下記は、DisplayDateStart プロパティとDisplayDateEnd プロパティを使用して、2010/9/10~9/20を使用可能範囲として設定する例です。

使用可能範囲に含まれていない日付は表示されないため、選択することができません。

使用可能な範囲を設定した例

 

XAMLの例

<Calendar Height="170" DisplayDateStart="9/10/2010" DisplayDateEnd="9/20/2010"/>

VBの例

Private Sub Window_Loaded(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs)
    '使用できる範囲を設定する
    Calendar1.DisplayDateStart = New DateTime(2010, 9, 10)
    Calendar1.DisplayDateEnd = New DateTime(2010, 9, 20)
End Sub

C#の例

private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // 使用できる範囲を設定する
    calendar1.DisplayDateStart = new DateTime(2010,9,10);
    calendar1.DisplayDateEnd = new DateTime(2010, 9, 20);
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください