背景に画像を設定する

カレンダーの背景に画像を設定するには Background プロパティ ImageBrush クラスのインスタンスを設定します。

ImageBrush クラスの ImageSource プロパティに、画像が存在するパスを設定することで、カレンダーの背景に画像を表示させます。

背景の不透明度は、Opacity プロパティで設定することができます。

下記は、カレンダーの背景に画像を設定する例です。

背景に画像を設定する

 

XAMLの例

<Calendar>
    <Calendar.Background>
        <ImageBrush ImageSource="Tulips.jpg" Opacity="0.3" />
    </Calendar.Background>
</Calendar>

VBの例

Private Sub Window_Loaded(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles MyBase.Loaded
    'イメージブラシの作成
    Dim imageBrush As New ImageBrush()
    imageBrush.ImageSource = New System.Windows.Media.Imaging.BitmapImage(New Uri("Tulips.jpg", UriKind.Relative))
    imageBrush.Opacity = 0.3

    'ブラシを背景に設定する
    Calendar1.Background = imageBrush
End Sub

C#の例

private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // イメージブラシの作成
    ImageBrush imageBrush = new ImageBrush();
    imageBrush.ImageSource = new System.Windows.Media.Imaging.BitmapImage(new Uri("Tulips.jpg", UriKind.Relative));
    imageBrush.Opacity = 0.3;

    // ブラシを背景に設定する
    calendar1.Background = imageBrush;
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.