指定した項目をスクロールして表示する

ScrollIntoViewメソッドを使用すると、指定した項目をスクロールして見える位置に表示させることができます。

下記は、Item1~Item100 の項目が表示されたListBoxコントロールで、Item50という項目をスクロールして見えるようにする例です。

指定した項目をスクロールして表示する例

 

VBの例

Private Sub Window_Loaded(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles MyBase.Loaded
    '100個の項目を追加する
    For I As Integer = 1 To 100
        ListBox1.Items.Add("Item" & I.ToString())
    Next
End Sub

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles Button1.Click
    '「Item50」という項目をスクロールして表示
    ListBox1.ScrollIntoView("Item50")        
End Sub

C#の例

private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // 100個の項目を追加する
    for ( int i = 1; i <= 100; i++ )
        listBox1.Items.Add("Item" + i.ToString());
}

private void button1_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // 「Item50」という項目をスクロールして表示
    listBox1.ScrollIntoView("Item50");
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です