項目を挿入する

項目を挿入するには、Items プロパティの Insert メソッドを使用します。

Insert メソッドの第1引数には挿入位置(インデックス)を、第2引数には挿入する項目を指定します。

下記は[項目を挿入]ボタンをクリックすると、4番目(インデックスが3)の位置に「ブドウ」を挿入します。

項目を挿入する例

 

VBの例

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs)
    '4番目(インデックスが3)の位置に「ブドウ」を挿入する
    ListBox1.Items.Insert(3, "ブドウ")
End Sub

C#の例

private void button1_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // 4番目(インデックスが3)の位置に「ブドウ」を挿入する
    listBox1.Items.Insert(3, "ブドウ");
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です