項目を削除する

単一の項目を削除するには Items プロパティの RemoveAt メソッドを使用します。RemoveAt メソッドの引数には削除したい項目のインデックス番号を指定します。

また、すべての項目を削除したい場合には Items プロパティの Clear メソッドを使用します。

下記は、「選択項目の削除」および「全項目の削除」をする例です。

選択項目を削除する例

VBの例

'[選択項目を削除]ボタンクリック時の処理
Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles Button1.Click
    '選択項目がない場合は処理をしない
    If ListBox1.SelectedItems.Count = 0 Then
        Return
    End If

    '選択された項目を削除
    ListBox1.Items.RemoveAt(ListBox1.SelectedIndex)
End Sub

'[全項目削除]ボタンクリック時の処理
Private Sub Button2_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles Button2.Click
    '全項目を削除
    ListBox1.Items.Clear()
End Sub

C#の例

// [選択項目を削除]ボタンクリック時の処理
private void button1_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // 選択項目がない場合は処理をしない
    if (listBox1.SelectedItems.Count == 0)
        return;

    // 選択された項目を削除
    listBox1.Items.RemoveAt(listBox1.SelectedIndex);
}

// [全項目削除]ボタンクリック時の処理
private void button2_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // 全項目を削除
    listBox1.Items.Clear();
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です