項目を追加する

XAMLで項目を追加するには ComboBox 要素の子に ComboBoxItem 要素を入れます。

また、コードから項目を追加する場合には Items プロパティの Add メソッドを使用します。

下記は、ComboBox コントロールに項目を追加する例です。項目を追加する例

XAMLの例

<ComboBox>
    <ComboBoxItem>リンゴ</ComboBoxItem>
    <ComboBoxItem>ミカン</ComboBoxItem>
    <ComboBoxItem>バナナ</ComboBoxItem>
    <ComboBoxItem>パイナップル</ComboBoxItem>
    <ComboBoxItem>スイカ</ComboBoxItem>
    <ComboBoxItem>グレープフルーツ</ComboBoxItem>
</ComboBox>

VBの例

Private Sub Window_Loaded(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles MyBase.Loaded
    Dim Fruits() As String = {"リンゴ", "ミカン", "バナナ", "パイナップル", "スイカ", "グレープフルーツ"}

    For Each fruit As String In Fruits
        '項目を追加する
        ComboBox1.Items.Add(fruit)
    Next
End Sub

C#の例

private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    string[] fruits = {"リンゴ", "ミカン", "バナナ", "パイナップル", "スイカ", "グレープフルーツ" };

    foreach (string fruit in fruits)
    {
        // 項目を追加する
        comboBox1.Items.Add(fruit);
    }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください