選択可能な項目を持っているかを調べる

ComboBox コントロールが選択可能な項目を持っているかを調べるには HasItems プロパティを使用します(WPFのみ)。

選択可能な項目を持っている場合には HasItems プロパティはTrueになります。

Silverlight のComboBox コントロールは HasItems プロパティを持っていないので、Items プロパティの Count プロパティを参照し、値が0より大きければ「選択可能項目がある」と判断します。

下記は、[項目があるか?]ボタンが押されたときに、ComboBox コントロールに項目があるかどうかを表示する例です。

最初はComboBoxに項目を持たせているので、「選択可能な項目を持っています」と表示されます。

次に[全項目削除]ボタンをクリックしたあとに[項目があるか?]ボタンが押されると、「選択可能な項目はありません」と表示されます。

選択可能な項目を持っているか調べる例

 

VBの例

' [項目があるか?]ボタンクリック時の処理
Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles Button1.Click
    If ComboBox1.HasItems Then
        MessageBox.Show("選択可能な項目を持っています")
    Else
        MessageBox.Show("選択可能な項目はありません")
    End If
End Sub

' [全項目削除]ボタンクリック時の処理
Private Sub Button2_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles Button2.Click
    '全項目を削除
    ComboBox1.Items.Clear()
End Sub

C#の例

// [項目があるか?]ボタンクリック時の処理
private void button1_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    if ( comboBox1.HasItems )
        MessageBox.Show("選択可能な項目を持っています");
    else
        MessageBox.Show("選択可能な項目はありません");
}

// [全項目削除]ボタンクリック時の処理
private void button2_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // 全項目を削除
    comboBox1.Items.Clear();
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください