描画されたストロークを選択する

描画されたストロークを選択するには EditingMode プロパティに Select を指定します。

Select を指定すると、ペンが黄色の波線になり、フリーハンドで描いた線の内側にあるストロークが選択状態になります。

選択状態になったストロークはマウスやタッチで移動させることが可能です。

下記は、ストロークを選択する例です。

[選択]ボタンを押したときに、EditingMode プロパティに Selectを設定し、ストロークを選択できるようにしています。

描画されたストロークを選択する例

 

XAMLの例

<StackPanel>
    <StackPanel Orientation="Horizontal">
        <Button Name="btnInk" Content="インク"/>
        <Button Name="btnSelect" Content="選択"/>
    </StackPanel>
    <InkCanvas Name="InkCanvas1" EditingMode="Ink" />
</StackPanel>

VBの例

' [インク]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnInk_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles btnInk.Click
    'インクを使用できる状態にする
    InkCanvas1.EditingMode = InkCanvasEditingMode.Ink
End Sub

' [選択]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnSelect_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles btnSelect.Click
    '描画されたストロークを選択できる状態にする
    InkCanvas1.EditingMode = InkCanvasEditingMode.Select
End Sub

C#の例

// [インク]ボタンクリック時の処理
private void btnInk_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // インクを使用できる状態にする
    inkCanvas1.EditingMode = InkCanvasEditingMode.Ink;
}

// [選択]ボタンクリック時の処理
private void btnSelect_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // 描画されたストロークを選択できる状態にする
    inkCanvas1.EditingMode = InkCanvasEditingMode.Select;
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です