サンプルデータベースの準備

サーバーエクスプローラーに追加された接続先

WPF DataGridのTipsではMicrosoft SQL Server R2 Express Edition、サンプル用データベースとしてAdventureWorksを使用しています。

AdventureWorksは http://msftdbprodsamples.codeplex.com/releases/view/55926にアクセスし、「AdventureWorks2008R2_SR1.exe」をダウンロードしインストールします。

インストールが完了したらVisual StudioでWPFアプリケーションプロジェクトを作成します。

次に、サーバーエクスプローラーで「データ接続」を右クリックし、表示されるコンテキストメニューから「接続の追加(A)…」をクリックします。

接続の追加

「接続の追加」ダイアログが表示されるので、[データソース]で「Microsoft SQL Server(SQL Client)」を、[サーバー名]に接続先を入力し、[データベース名の選択または入力]欄で「AdventureWorksLT2008」を選択し[OK]ボタンをクリックします。

データベースの選択

サーバーエクスプローラーの「データ接続」に追加した接続先が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.