データソースの追加

はじめにデータソースを作成します。本記事ではDatSetを使用することとします。

メニューの[データ]-[データソースの表示]をクリックしてデータソースウィンドウを開き、「新しいデータソースの追加」をクリックします。

データソースウィンドウ

 

次に、「データソースの種類を選択」で「データベース」を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

データソースの種類を選択

 

次に「データベースモデルの選択」で「データセット」を選択し[次へ]ボタンをクリックします。

データベースモデルの選択

 

「データ接続の選択」が表示されるので、先ほどサーバーエクスプローラーで追加した接続先を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

接続先の選択

 

次に接続文字列の設定をします。必要に応じて変更し[次へ]ボタンをクリックします(この記事ではデフォルトのまま使用しています)。

接続文字列の設定

 

最後に使用するテーブルやビュー等にチェックを付け[完了]ボタンをクリックします。

WPF DataGridのTipsでは「Customer(SalesLT)」というテーブルを使用することとします。

使用するテーブルの選択

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください