行を削除できるかどうかを設定する

DataGridから行を削除できるようにするにはCanUserDeleteRowsプロパティにTrueを設定します(既定値はTrue)。

下記は、行を削除できるかどうか設定する例です。

[行削除の許可]にチェックが付けられているときはDeleteキーを押して行を削除することが可能です。

実行例ではCustomerIDが3~6の行を削除しています。

行を削除できるかどうかを設定する例

 

XAMLの例

<DataGrid CanUserDeleteRows="False">
 :省略
</DataGrid>

VBの例

' [行削除の許可]チェッック時の処理
Private Sub chkDeleteRow_Checked(sender As System.Object, e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles chkDeleteRow.Checked
    '★★★行の削除を許可する★★★
    CustomerDataGrid.CanUserDeleteRows = True
End Sub


' [行削除の許可]未チェッック時の処理
Private Sub chkDeleteRow_Unchecked(sender As System.Object, e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles chkDeleteRow.Unchecked
    '★★★行の削除を許可しない★★★
    CustomerDataGrid.CanUserDeleteRows = False
End Sub

C#の例

// [行削除の許可]チェッック時の処理
private void chkDeleteRow_Checked(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // ★★★行の削除を許可する★★★
    customerDataGrid.CanUserDeleteRows = true;
}


// [行削除の許可]未チェッック時の処理
private void chkDeleteRow_TouchUp(object sender, TouchEventArgs e)
{
    // ★★★行の削除を許可しない★★★
    customerDataGrid.CanUserDeleteRows = false;
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください