Trackクリック時のThumbの移動方法を設定する

通常、Track をマウスでクリックしたときの Thumb の移動量は Interval プロパティの値で決まります。

IsMoveToPointEnabled プロパティに True を設定すると、この Thumb をTrackがクリックした位置まで移動させることが可能になります。

下記は、Thumb の移動方法を「通常の移動」と「Trackのクリック位置までの移動」に切り替える例です。

Trackクリック時のThumbの移動方法を設定する例

 

XAMLの例

<StackPanel>
    <Grid Height="32">
        <RadioButton Content="通常移動" Height="16" 
                 HorizontalAlignment="Left" Margin="6,6,0,0" 
                 Name="RadioButton1" VerticalAlignment="Top" />
        <RadioButton Content="Trackのクリック位置まで移動" Height="16" 
                 Margin="76,6,0,0" Name="RadioButton2" 
                 VerticalAlignment="Top" HorizontalAlignment="Left" />
    </Grid>
    <Slider Height="23"  Name="Slider1" Width="254"
            Minimum="0" Maximum="100" 
            Interval="5"
            IsMoveToPointEnabled="False"/>
</StackPanel>

VBの例

Private Sub Window_Loaded(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles MyBase.Loaded
    'IsMoveToPointEnabled = False の場合の
    'Trackクリック時の移動量を設定
    Slider1.Interval = 2
End Sub

' 通常移動
Private Sub RadioButton1_Checked(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles RadioButton1.Checked
    Slider1.IsMoveToPointEnabled = False
End Sub

' Trackのクリック位置まで移動
Private Sub RadioButton2_Checked(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles RadioButton2.Checked
    Slider1.IsMoveToPointEnabled = True
End Sub

C#の例

private void Window_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // IsMoveToPointEnabled = False の場合の
    // Trackクリック時の移動量を設定
    slider1.Interval = 2;
}


// 通常移動
private void radioButton1_Checked(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    slider1.IsMoveToPointEnabled = false;
}

// Trackのクリック位置まで移動
private void radioButton2_Checked(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    slider1.IsMoveToPointEnabled = true;
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください