[Tips][Button] ボタンの表面にイメージを設定する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


ボタンにイメージを設定するには、Imageプロパティを使用します。アニメーションGIFも使用可能なのでインパクトのあるボタンにすることができます。

たとえば、下図(ButtonBase.gif)をボタン表面の画像として表示することができます。

ButtonBase.gif

 

ボタンの表面に画像を使用する例

 

VBの例

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    'イメージサイズが200x34なのでボタンサイズをそれに合わせる
    Button1.Width = 200
    Button1.Height = 34
    '画像がブルーなので文字を白にして見やすくする
    Button1.ForeColor = System.Drawing.Color.White
    'イメージをセットする
    Button1.Image = System.Drawing.Image.FromFile("ButtonBase.gif")
End Sub

C#の例

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    //イメージサイズが200x34なのでボタンサイズをそれに合わせる
    Button1.Width = 200;
    Button1.Height = 34;
    //画像がブルーなので文字を白にして見やすくする
    Button1.ForeColor = System.Drawing.Color.White;
    //イメージをセットする
    Button1.Image = System.Drawing.Image.FromFile("ButtonBase.gif");
}

 

[Tips][Button] テキストの表示位置を設定する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


ボタンに表示されるテキストの位置を設定するには、TextAlignプロパティを使用します。TextAlignプロパティには表1のContentAlignment列挙体をセットします。

ContentAlignment 列挙体
メンバ名 説明
BottomCenter 下端中央
BottomLeft 下端左寄せ
BottomRight 下端右寄せ
MiddleCenter 中段中央
MiddleLeft 中段左寄せ
MiddleRight 中段右寄せ
TopCenter 上段中央
TopLeft 上段左寄せ
TopRight 上段右寄せ

テキストの表示位置を設定する

VBの例

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Button1.TextAlign = ContentAlignment.TopLeft
    Button2.TextAlign = ContentAlignment.TopCenter
    Button3.TextAlign = ContentAlignment.TopRight
    Button4.TextAlign = ContentAlignment.MiddleLeft
    Button5.TextAlign = ContentAlignment.MiddleCenter
    Button6.TextAlign = ContentAlignment.MiddleRight
    Button7.TextAlign = ContentAlignment.BottomLeft
    Button8.TextAlign = ContentAlignment.BottomCenter
    Button9.TextAlign = ContentAlignment.BottomRight
End Sub

C#の例

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    Button1.TextAlign = ContentAlignment.TopLeft;
    Button2.TextAlign = ContentAlignment.TopCenter;
    Button3.TextAlign = ContentAlignment.TopRight;
    Button4.TextAlign = ContentAlignment.MiddleLeft;
    Button5.TextAlign = ContentAlignment.MiddleCenter;
    Button6.TextAlign = ContentAlignment.MiddleRight;
    Button7.TextAlign = ContentAlignment.BottomLeft;
    Button8.TextAlign = ContentAlignment.BottomCenter;
    Button9.TextAlign = ContentAlignment.BottomRight;
}

C#の例

[Tips][Button] ボタンの外観を変更する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


 

ボタンの外観を変更するには、FlatStyleプロパティを変更します。

メンバ名 説明
Flat コントロールがフラットに表示されます。
Popup マウス ポインタをコントロールの上に移動すると、コントロールの外観がフラットから 3D に変わります。
Standard コントロールは 3D 表示されます。
System コントロールの外観は、ユーザーのオペレーティング システムによって決定されます。

ボタンの外観を変更する例

VBの例

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Button1.FlatStyle = FlatStyle.Flat
    Button2.FlatStyle = FlatStyle.Popup
    Button3.FlatStyle = FlatStyle.Standard
    Button4.FlatStyle = FlatStyle.System
End Sub

C#の例

private void Form1_Load(object sender, System.EventArgs e)
{
    button1.FlatStyle = FlatStyle.Flat;
    button2.FlatStyle = FlatStyle.Popup;
    button3.FlatStyle = FlatStyle.Standard;
    button4.FlatStyle = FlatStyle.System;
}