[LINQ] LINQ to Objects(Skipメソッド)

ある要素の中の、先頭のn個を無視したい場合には skipメソッドを使用します。

例えば、以下はskipメソッドを使用して、先頭の3個を無視した要素を出力します。

要素は、3,5,2,1,9,8,7 なので、結果として1,9,8,7を出力します。

VBの例

Dim numbers() As Integer = {3, 5, 2, 1, 9, 8, 7}

For Each item As Integer In numbers.Skip(3)
    Console.WriteLine(item)
Next

C#の例

int[] numbers = { 3, 5, 2, 1, 9, 8, 7 };

foreach(var item in numbers.Skip(3))
{
    Console.WriteLine(item);
}

[LINQ] LINQ to Objects(Emptyメソッド)

Emptyメソッドを使用すると、指定したデータ型の空の要素を作成することができます。

以下は 空のint型の要素を作成する例です。

VBの例

Dim data = Enumerable.Empty(Of Integer)()

C#の例

var data = Enumerable.Empty<int>();

空の要素は、

  • あるメソッドで特定のデータ型を返却する必要があるが、条件によって空の要素を返す必要がある場合
  • あるメソッドの引数に、特に値を渡す必要がない場合

などに使用できます。

[LINQ] LINQ to Objects(Containsメソッド)

複数の要素の中に、任意の値が含まれているかどうかを調べるには containsメソッドを使用します。

contains メソッドは指定した値が含まれている場合に true を返します。

以下は、numbers に “9” が含まれているかどうかを調べ、”9″が含まれている場合は「含まれている」と表示します。

VBの例

Dim numbers As Integer() = {3, 5, 2, 1, 9, 8, 7}

Console.WriteLine(If(numbers.Contains(9), "含まれる", "含まれない"))

C#の例

int[] numbers = { 3, 5, 2, 1, 9, 8, 7 };

Console.WriteLine(numbers.Contains(9) ? "含まれる" : "含まれない");