[Tips][MaskedTextBox] 読み取り専用にする

[ad code=2 align=left]

MaskedTextBoxを読み取り専用にするには ReadOnlyプロパティにTrueを設定します。

読み取り専用になったMaskedTextBoxでは、プロンプト文字が非表示になるとともに入力を受け付けなくなります。

下記は、MaskedTextBoxを読み取り専用にする例です。

VBの例

Private Sub Form8_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    '読み取り専用にする
    MaskedTextBox1.ReadOnly = True
End Sub

C#の例

private void Form8_Load(object sender, EventArgs e)
{
    // 読み取り専用にする
    maskedTextBox1.ReadOnly = true;
}

[Tips][MaskedTextBox] ユーザー入力がないことを表す文字を設定する

[ad code=2 align=left]

通常MaskedTextBoxは、ユーザーからの入力がない場合”_”(アンダースコア)が表示されています。
“_”以外の文字に設定する場合は、PromptCharプロパティを使用します。

下記はPromptCharプロパティに”#”を設定する例です。

VBの例

Private Sub Form7_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    'ユーザー入力がないことを表す文字を"#"に設定する
    MaskedTextBox1.PromptChar = "#"
End Sub

C#の例

private void Form7_Load(object sender, EventArgs e)
{
    // ユーザー入力がないことを表す文字を"#"に設定する
    maskedTextBox1.PromptChar = '#';
}

[Tips][MaskedTextBox] 入力した文字が見えないようにする

[ad code=2 align=left]

PaswordCharプロパティを設定すると、入力した文字を設定した文字に置き換えることができます。
たとえばPaswordCharプロパティに”*”を設定すると、入力した文字は”*”に置き換えられます。

下記はPaswordCharプロパティを設定して、入力した文字が見えないようにする例です。

VBの例

Private Sub Form6_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    MaskedTextBox1.PasswordChar = "*"
End Sub

C#の例

private void Form6_Load(object sender, EventArgs e)
{
    maskedTextBox1.PasswordChar = "*";
}