[Tips][MonthCalendar] 毎月指定した日を太字にする

[ad code=2 align=left]

MonthlyBoldedDatesプロパティを使用すると、毎月指定した日を太字にすることができます。

下記は毎月10日と20日を太字にする例です。

毎月指定した日を太字にする例

VBの例

Private Sub Form9_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    '毎月10日と20日を太字にする
    '年と月を指定していますが、実際に使用されるのは日付の部分です
    MonthCalendar1.MonthlyBoldedDates = New System.DateTime() {
        New System.DateTime(2011, 3, 10),
        New System.DateTime(2011, 3, 20)
        }

    '2列1行の表示にする
    MonthCalendar1.CalendarDimensions = New Size(2, 1)
End Sub

C#の例

private void Form9_Load(object sender, EventArgs e)
{
    // 10日と20日を太字にする
    // 年と月を指定していますが、実際に使用されるのは日付の部分です
    monthCalendar1.MonthlyBoldedDates = new System.DateTime[] {
        new System.DateTime(2011, 3, 10),
        new System.DateTime(2011, 3, 20)
        };

    // 2列1行の表示にする
    monthCalendar1.CalendarDimensions = new Size(2, 1);
}

[Tips][MonthCalendar] 月の行と列の数を設定する

[ad code=2 align=left]

CalendarDimensionsプロパティを使用すると、表示する月の行と列の数を設定することができます。

行と列はSize構造体で指定します。

下記は、2行3列のカレンダーを表示する例です。

月の行と列の数を設定する例

VBの例

Private Sub Form8_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    '2行3列のカレンダーを表示する
    MonthCalendar1.CalendarDimensions = New Size(3, 2)
End Sub

C#の例

private void Form8_Load(object sender, EventArgs e)
{
    // 2行3列のカレンダーを表示する
    monthCalendar1.CalendarDimensions = new Size(3, 2);
}

[Tips][MonthCalendar] 週の最初の曜日を設定する

MonthCalendarコントロールは、既定で週の初めが日曜日になっています。

週の初めを、他の曜日に変更するにはFirstDayOfWeekプロパティを使用します。

FirstDayOfWeekプロパティにはDay列挙体の値を指定します。

Day列挙体
メンバ名 説明
Monday 月曜日
Tuesday 火曜日
Wednesday 水曜日
Thursday 木曜日
Friday 金曜日
Saturday 土曜日
Sunday 日曜日

下記は、週の初めを月曜日に設定する例です。

VBの例

Private Sub Form7_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    '週の初めを月曜日に設定する
    MonthCalendar1.FirstDayOfWeek = Day.Monday
End Sub

C#の例

private void Form7_Load(object sender, EventArgs e)
{
    // 週の初めを月曜日に設定する
    monthCalendar1.FirstDayOfWeek = Day.Monday;
}