[Tips][SaveFileDialog] 複数のドットが付いた拡張子をサポートする

SaveFileDialogでは、複数のドットが付いた拡張子をサポートすることができます。

たとえば*.tar.gzのような拡張子をFilterプロパティに設定することが可能です。

ただし、この機能は既定ではオフにされており有効にするにはSupportMultiDottedExtensionsプロパティにTrueを設定する必要があります。

下記は複数のドットが付いた拡張子をサポートする例です。

画面デザインは下記のようにしました。

VBの例

' [ファイルの保存]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnShowSaveDialog_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnShowSaveDialog.Click
    '★★★複数のドットが付いた拡張子をサポートする★★★
    SaveFileDialog1.SupportMultiDottedExtensions = True

    'フィルターの設定
    SaveFileDialog1.Filter = "tar.gzファイル|*.tar.gz"

    'ダイアログの表示
    SaveFileDialog1.ShowDialog()
End Sub

' [保存]ボタンクリック時の処理
Private Sub SaveFileDialog1_FileOk(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.ComponentModel.CancelEventArgs) Handles SaveFileDialog1.FileOk
    Dim strFileName As String

    '★★★入力されたファイル名を取得★★★
    strFileName = IO.Path.GetFileName(SaveFileDialog1.FileName)

    'ファイル名をテキストボックスに表示
    txtInputFile.Text = strFileName
End Sub

C#の例

// [ファイルの保存]ボタンクリック時の処理
private void btnShowSaveDialog_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // ★★★複数のドットが付いた拡張子をサポートする★★★
    saveFileDialog1.SupportMultiDottedExtensions = true;

    // フィルターの設定
    saveFileDialog1.Filter = "tar.gzファイル|*.tar.gz";

    // ダイアログの表示
    saveFileDialog1.ShowDialog();
}

// [保存]ボタンクリック時の処理
private void SaveFileDialog1_FileOk(object sender, CancelEventArgs e)
{
    string strFileName;

    // ★★★入力されたファイル名を取得★★★
    strFileName = System.IO.Path.GetFileName(saveFileDialog1.FileName);

    // ファイル名をテキストボックスに表示
    txtInputFile.Text = strFileName;
}

実行例は下記の通りです。

[Tips][SaveFileDialog] [ファイルの種類] ボックスに表示される選択肢を設定する

SaveFileDialogボックスでは、[ファイルの種類] ボックスに表示される選択肢を設定することができます。

選択肢を設定する場合はFilterプロパティに次のような書式を設定します。

“表示する文字列|フィルターする拡張子”

たとえば、Filterプロパティに “png画像|*.png” という文字列を設定すると、[ファイルの種類]ボックスは下図のようになり拡張子が*.pngのファイルのみを選択できるようになります。

また、複数の選択肢を設定することもできます。

たとえば”png画像|*.png|gif画像|*.gif”というフィルターを設定すると、png画像の選択肢とgif画像の選択肢が追加されます。

さらに、1つの選択肢で複数の拡張子をフィルターすることもできます。

この場合は、フィルターする拡張子をセミコロン(;)で区切って指定します。

たとえば”jpg画像|*.jpeg;*.jpg”と設定すると[ファイルの種類]ボックスは下図のようになり、*.jpegと*.jpgのファイルを選択できるようになります。

下記は、以上を踏まえて[ファイルの種類] ボックスに表示される選択肢を設定する例です。

画面デザインは下記のようにしました(クリックで拡大表示します)。

VBの例

'SavefFileDialogに設定するフィルター文字列格納用変数
Private strFilter As String = ""

' [追加]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnAdd_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnAdd.Click
    'strFilterにフィルター文字列がすでにあるか?
    If strFilter.Length > 0 Then
        '文字列の末尾に"|"を追加
        strFilter &= "|"
    End If

    '「表示する文字列|フィルターする拡張子」の文字列をstrFilterに格納
    strFilter &= txtString.Text & "|" & txtFilter.Text
End Sub

' [ダイアログの表示]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnShowSaveDialog_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnShowSaveDialog.Click
    '★★★OpenFileDialogのフィルターを設定★★★
    SaveFileDialog1.Filter = strFilter

    'ダイアログの表示
    SaveFileDialog1.ShowDialog()
End Sub

' [保存]ボタンクリック時の処理
Private Sub SaveFileDialog1_FileOk(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.ComponentModel.CancelEventArgs) Handles SaveFileDialog1.FileOk
    '選択されたファイルをテキストボックスに表示する
    txtInputFile.Text = SaveFileDialog1.FileName
End Sub

C#の例

// SavefFileDialogに設定するフィルター文字列格納用変数
private string strFilter = "";

// [追加]ボタンクリック時の処理
private void btnAdd_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // strFilterにフィルター文字列がすでにあるか?
    if (strFilter.Length > 0)
    {
        //文字列の末尾に"|"を追加
        strFilter += "|";
    }

    //「表示する文字列|フィルターする拡張子」の文字列をstrFilterに格納
    strFilter += txtString.Text + "|" + txtFilter.Text;
}

// [ダイアログの表示]ボタンクリック時の処理
private void btnShowSaveDialog_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // ★★★OpenFileDialogのフィルターを設定★★★
    saveFileDialog1.Filter = strFilter;

    // ダイアログボックスの表示
    saveFileDialog1.ShowDialog();
}

// [保存]ボタンクリック時の処理
private void saveFileDialog1_FileOk(object sender, CancelEventArgs e)
{
    // 選択されたファイルをテキストボックスに表示する
    txtInputFile.Text = saveFileDialog1.FileName;
}

実行例は下記の通りです。

[Tips][SaveFileDialog] ダイアログに表示される起動ディレクトリを取得/設定する

SaveFileDialogが表示されたときに最初に選択されているフォルダー(起動ディレクトリ)を設定するにはInitialDirプロパティを使用します。

InitialDirプロパティには存在するパスの文字列を設定します。

下記は起動ディレクトリを設定する例です。

画面デザインは下記のようにしました。

VBの例

' [ファイルの保存]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnShowSaveDialog_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles btnShowSaveDialog.Click
    '[起動ディレクトリ]テキストボックスに入力されたフォルダーが存在するか?
    If Not IO.Directory.Exists(txtInitialDir.Text) Then
        MessageBox.Show("入力した起動ディレクトリは存在しません",
                        "入力エラー", MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Stop)
        Return
    End If

    '★★★起動ディレクトリの設定★★★
    SaveFileDialog1.InitialDirectory = txtInitialDir.Text

    'ファイル保存ダイアログの表示
    SaveFileDialog1.ShowDialog()
End Sub

' [保存]ボタンが押されたときの処理
Private Sub SaveFileDialog1_FileOk(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.ComponentModel.CancelEventArgs) Handles SaveFileDialog1.FileOk
    Dim strFileName As String

    '入力されたファイル名を取得
    strFileName = IO.Path.GetFileName(SaveFileDialog1.FileName)

    'ファイル名をテキストボックスに表示
    txtInputFile.Text = strFileName
End Sub

C#の例

// [ファイルの保存]ボタンクリック時の処理
private void btnShowSaveDialog_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // [起動ディレクトリ]テキストボックスに入力されたフォルダーが存在するか?
    if ( !System.IO.Directory.Exists(txtInitialDir.Text) )
    {
        MessageBox.Show("入力した起動ディレクトリは存在しません",
                    "入力エラー", MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Stop);
        return;
    }

    // ★★★起動ディレクトリの設定★★★
    saveFileDialog1.InitialDirectory = txtInitialDir.Text;

    // ファイル保存ダイアログの表示
    saveFileDialog1.ShowDialog();
}

// [ファイルの保存]ボタンクリック時の処理
private void saveFileDialog1_FileOk(object sender, CancelEventArgs e)
{
    string strFileName;

    // 入力されたファイル名を取得
    strFileName = System.IO.Path.GetFileName(saveFileDialog1.FileName);

    // ファイル名をテキストボックスに表示
    txtInputFile.Text = strFileName;
}

実行例は下図の通りです。