[Unity] Visual Studio 2013 Tools for Unityの導入

Unity開発をVisual Studio 2013で行えるようにするために、今回はVisual Studio 2013 Tools for Unityを導入します。

タイトルと通り、Visual Studioのバージョンは2013となりますので注意してください。

2013以外にもVS 2010, VS 2012で使用することができます。


Visual Studio 2013 Tools for Unityは、こちらからダウンロードします。

VS2010またはVS2012用は以下のからダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、起動してインストールを開始します。

最初の画面では「I accept..」にチェックを付けて[Install]ボタンをクリックします。

Step1

 

インストールが開始されます。

 

Step2

 

インストールが完了したら[Finish]ボタンをクリックします。

 

Step3

 

インストールが完了したら、Unityを起動し[Assets]-[Import Package]-[Visual Studio 2013 Tool]をクリックします。

Visual Studio 2013 Tools

Import Packageダイアログが表示されます。

あらかじインポートに必要な項目にチェックが付いているので、そのまま[Import]ボタンをクリックします。

Visual Studio 2013 Toolsのインポート

 

Unityのメニューに「Visual Studio Tools」が追加されます。

[Visual Studio Tools]-[Open in Visual Studio]をクリックすることで、Unity対応のプロジェクトが作成されてVisual Studioが起動します。

Visual Studioの起動

[Unity] アセットの追加

今回は、既存のアセットをインポートしてシーンに配置してみましょう。


既存のアセットをインポートするにはメニューの[Assets]-[Import Package]を選択します。

今回は乗り物をインポートしたいので[Vehicles]を選択します。

アセットのインポート

Import Packageの画面が表示され、インポートする項目を選択することができます。

今回はすべて取り込むこととしますので、[Import]ボタンをクリックします。

アセットのインポート

プロジェクトビューのAssetsフォルダに、インポートしたファイルが追加されます。

インポートされたファイルの確認

今度は、インポートしたファイルの中からシーンに配置可能なモデルを探してみましょう。

モデルを探すには、プロジェクトビューの[Favorites]-[All Models]をクリックしてみましょう。

モデルの確認

モデルが確認できたら、追加したいモデルを選択してシーンにドラッグします。

配置したオブジェクト

配置したオブジェクトは、ギズモやインスペクタビューで、位置やサイズ・回転などの変更を加えることが可能です。

 

[Unity] オブジェクトを追加する

Unityはオブジェクトを配置してシーンを作成していきます。


オブジェクトを追加する

それではオブジェクトを追加してみましょう。

Unityには、立方体や球体などあらかじめ用意されているオブジェクトがあります。

まずは立方体を追加します。

メニューから[GameObject]-[3D Object]-[Cube]を選択します。

オブジェクトの追加

 

シーンの中央には、立方体が追加されます。

立方体の追加

モデルの位置や向きを表す矢印(ギズモと呼ぶ)をドラッグすることで、立方体を任意の位置に移動・回転・拡大・縮小などを行うことができます。

ギズモ

移動・回転・拡大・縮小はインスペクタビューで変更することが可能です。

配置した立方体を選択状態にして、表1の項目を変更します。

項目 説明
Position オブジェクトの位置を設定
Rotation オブジェクトの回転角度を設定
Scale オブジェクトを拡大・縮小する

位置・回転・サイズの設定


カメラの位置を設定する

次にカメラの位置を設定してみましょう。

ヒエラルキービューかシーンビューでカメラ(Main Camera)を選択状態にして、ギズモを動かして移動します。

このとき、Camera Previewを参照しながらカメラの位置を設定します。

カメラ位置の設定


ライトの位置を設定する

ライト(光源)の位置を設定しましょう。

ヒエラルキービューかシーンビューでライト(Directional Light)を選択状態にして、ギズモを動かして移動します。

ライトの設定


実行してみる

画面上部にある実行ボタン(右向きの三角)を押してみましょう。

設定したカメラの位置から、光源の当てられた立方体が表示されます。

現時点ではオブジェクトを配置しただけなので、動作はせず表示が行われるだけです。

実行