[ToolStrip][Tips] ラベルを表示する

ToolStripにラベルを表示するにはToolStripLabelクラスを使用します。

ラベルに表示するテキストはTextプロパティで設定します。

下記は、ToolStripにラベルを表示する例です。

ラベルには”編集”と表示し、切り取り,コピー,貼り付けのボタンを表示しています。

また、各ボタンにはツールチップを表示するよう設定をしています。

VBの例

' フォームロード時の処理
Private Sub Form2_Load(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Dim label As New ToolStripLabel()
    Dim cutButton As New ToolStripButton
    Dim copyButton As New ToolStripButton
    Dim pasteButton As New ToolStripButton

    '表示するラベルの設定
    label.Text = "編集"

    '表示するボタンの設定
    cutButton.Image = Image.FromFile("C:\Work\CutHS.bmp")
    cutButton.ImageTransparentColor = Color.Black
    cutButton.ToolTipText = "切り取り"
    copyButton.Image = Image.FromFile("C:\Work\CopyHS.bmp")
    copyButton.ImageTransparentColor = Color.Black
    copyButton.ToolTipText = "コピー"
    pasteButton.Image = Image.FromFile("C:\Work\PasteHS.bmp")
    pasteButton.ImageTransparentColor = Color.Black
    pasteButton.ToolTipText = "貼り付け"

    'ラベルとボタンをToolStripに追加
    ToolStrip1.Items.Add(label)
    ToolStrip1.Items.Add(cutButton)
    ToolStrip1.Items.Add(copyButton)        
    ToolStrip1.Items.Add(pasteButton)
End Sub

C#の例

// フォームロード時の処理
private void Form2_Load(object sender, EventArgs e)
{
    ToolStripLabel label = new ToolStripLabel();
    ToolStripButton cutButton = new ToolStripButton();
    ToolStripButton copyButton = new ToolStripButton();
    ToolStripButton pasteButton = new ToolStripButton();

    // 表示するラベルの設定
    label.Text = "編集";

    // 表示するボタンの設定
    cutButton.Image = Image.FromFile(@"C:\Work\CutHS.bmp");
    cutButton.ImageTransparentColor = Color.Black;
    cutButton.ToolTipText = "切り取り";
    copyButton.Image = Image.FromFile(@"C:\Work\CopyHS.bmp");
    copyButton.ImageTransparentColor = Color.Black;
    copyButton.ToolTipText = "コピー";
    pasteButton.Image = Image.FromFile(@"C:\Work\PasteHS.bmp");
    pasteButton.ImageTransparentColor = Color.Black;
    pasteButton.ToolTipText = "貼り付け";

    // ラベルとボタンをtoolStripに追加
    toolStrip1.Items.Add(label);
    toolStrip1.Items.Add(cutButton);
    toolStrip1.Items.Add(copyButton);
    toolStrip1.Items.Add(pasteButton);
}

[ToolStrip][Tips] ボタンを追加する

ToolStripコントロールにボタンを追加するにはToolStripButtonクラスを使用します。

まずはフォームデザイナでボタンを追加する方法について見ていきましょう。

はじめにツールボックスからフォームへToolStripコントロールを配置します。

次に、配置したToolStrip上に表示されている▼ボタンをクリックした後、「Button」をクリックします。

これでボタンを追加することができました。

続いてボタンに表示さえるイメージを設定していきます。

ToolStripに追加したボタンをマウスで選択します。

次にプロパティウィンドウでImageプロパティを選択し、表示された[…]ボタンをクリックします。

「リソースの選択」ダイアログが表示されるので[インポートボタン]をクリックし、ボタンに表示するイメージを選択します。イメージにはGIF, JPEG, BMP, WMF, PNG形式の画像を選択することができます。また、追加したイメージはリソースとして登録されます。

もしも追加したイメージの周りが透過色ではない場合は、ImageTransparentColorプロパティで透過色を設定します。

例えば、表示しようとしているイメージの周りが黒で塗りつぶされている場合はImageTransparentColorにBlackを指定します(既定値はMagentaです)。

以上の設定を行ったToolStripの例は下図のようになります。


次にコードからボタンを追加する例を見てみましょう。

コードから設定する場合はToolStripButtonクラスのインスタンスを作成し、Imageプロパティに表示するイメージを、ImageTransparentColorプロパティに透過色を設定します。

設定が完了したら、ToolStripのItemsプロパティのAddメソッドでボタンを追加します。

下記は、ボタンを追加する例です。

VBの例

' フォームロード時の処理
Private Sub Form1_Load(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Dim newButton As New ToolStripButton

    'イメージの設定
    newButton.Image = Image.FromFile("C:\Work\NewDocumentHS.bmp")
    '透過色の設定
    newButton.ImageTransparentColor = Color.Black

    '設定したボタンをToolStripに追加する
    ToolStrip1.Items.Add(newButton)
End Sub

C#の例

// フォームロード時の処理
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    ToolStripButton newButton = new ToolStripButton();

    // イメージの設定
    newButton.Image = Image.FromFile(@"C:\Work\NewDocumentHS.bmp");
    // 透過色の設定
    newButton.ImageTransparentColor = Color.Black;

    // 設定したボタンをToolStripに追加する
    toolStrip1.Items.Add(newButton);
}