[VB 14.0 新機能] ?演算子

VBのステートメント中で?を使用すると、その値がNothingだった場合はNothingを返しそうでない場合は後続の処理を行うことができるようになりました。

具体的には以下のようなコードの記述が可能です。
numがNothingの場合はresultにはNothinglが代入され、そうでない場合にはCountプロパティ値がempCountに代入されます。

Dim num = AddString("Hello", "World")

Dim result As Integer? = num?.Length


Function AddString(x As String, y As String) As String
    Dim temp = x & y

    If (temp.Length >= 20) Then
        Return temp
    Else
        Return Nothing
    End If

End Function

[VB 14.0 新機能] 読み取り専用自動プロパティ

Visual Studio 2015が提供され、VB.NETバージョン14が使用可能になりました。

VB 14.0では読み取り専用の自動プロパティの定義が可能となりました。

作成した読み取り専用プロパティは、コンストラクタ内では値の変更が可能ですが、コンストラクタ外では値の変更はできません。

Public ReadOnly Property MemberName As String = "Eric"

Public Sub New()

    'コンストラクタ内では変更が可能
    MemberName = "Billy"

End Sub

Public Sub ChangeMemberName()
    // コンストラクタ外では変更は不可
    //MemberName = "Pat"
End Sub