[覚え書き] Silverlight で Pingするアプリを作る その1

Silverlight では System.Net.NetworkInformation にあるPingクラスを使用することができない。
そこでWCFサービスを利用してPingクラスを使用できるようにしてみる。
まずは新規プロジェクトを作成する。
ここではソリューション名を「SilverlightPing」とした。

次に表示されるダイアログでは何も変更せずに[OK]ボタンをクリックする。

ソリューションエクスプローラで「プロジェクト名.Web」となっている方のプロジェクトにWCFサービスを追加する。
この例では「SilverlightPing.Web」というプロジェクトにWCFサービスを追加。
クラス名は「Ping」とした。

これで下準備は完了。
次回はコードを実装する。

[XBOX] RIOT ACT 2

街には市民やエージェントがテロリスト化し、夜にはミュータントが溢れかえる。
武器をぶっ放し、車を豪快に乗り回す。
慣れると爽快感が漂うゲームです。
FPSじゃなくて良かった。
FPSだと酔っちゃうんですよね…

またオンラインで協力プレイが可能です。
自分としては協力プレイの方が好きかな。

しばらく楽しめそうです