[Joomla] SyntaxHighlighter の導入

今回は Joomla にSyntaxHighlighter を導入するための覚え書き。

SyntaxHighlighter とはWebでソースコードをきれいに見せるためのプラグインです。

HIRO’s.NET は、VB.NETやC#のTipsを提供するサイトなので、ソースコードを見やすくするために必須のプラグインです。

Joomla用のSyntaxHighlighter は

http://www.joomler.net/download/81-joomla15-plugin/716-syntaxhighligher-201-released.html

からダウンロードできます。

先ほどのリンクにアクセスしたら、ページ内下の方にある段ボール箱のようなアイコンをクリックします。

すると次のようなボックスが表示されるので[I acceptthe license terms.]ボタンをクリックします。

plg-content-syntaxhighlighter-2-0-1.tar.gz というファイルのダウンロードが始まります。

後は Joomlaへログインし、[エクステンション]-[インストール/アンインストール]で plg-content-syntaxhighlighter-2-0-1.tar.gz をインストールします。

最後に「プラグイン 管理」で「Content -SyntaxHighlighter」を有効にします。

[Joomla] JCEエディタの導入

joomla に JCEエディタを導入する際の覚え書き。

JCEエディタは、joomlaに標準搭載されているエディタに比べるとかなり高機能。

ということで導入することにしました。

JCEエディタは

http://www.joomlacontenteditor.net/

から入手。

[Downloads]-[Editor]-[Joomla! JCE 1.5.x]をクリック。

次に「JCE 1.5.6 / 1.5.7 Package」の欄で[Download]ボタンをクリックしてパッケージをダウンロードする。

次に Joomla へログインし、[エクステンション]-[インストール/アンインストール]でダウンロードしてきた com_jce_157_156_package.zip をインストールする。

インストール完了後、プラグインの管理で「エディタ – TinyMCE」を無効にする。

これを行わないとJCEを使用することができない。

次に「基本設定」の「デフォルトWYSIWYGエディタ」で「Editor -JCE 1.5.6」を選択し保存する。

これで、JCEエディタが使えるようになります。

[WordPress]Google Analyticsを設置する

WordPress に Google Analyticsを導入してアクセス解析をしたいと思います。

Google Analytics導入用のプラグイン「Ultimate GA」を使用します。

Ultimate GAは下記から入手することができます。

http://www.oratransplant.nl/uga/

上記URLへアクセスした後、ページ内でプラグインのダウンロードリンクを探してダウンロードします。

Ultimate GAを入手したら、wp-content/plugins ディレクトリにアップロードします。

次にWordpressのダッシュボードへアクセスし「プラグインの管理」を開きます。

一覧から「Ultimate Google Analytics」を探し[使用する]をクリックします。

次にダッシュボード内の設定から「Ultimate GA」をクリックします。

「Account ID」欄にGoogle Analyticsで取得したIDを入力して、[Update Options]ボタンをクリックすれば完了です。