[Unity 2D] Unityのインストールと2Dプロジェクトの作成

はじめに

本記事では、Unityのインストールと2Dプロジェクトの作成について説明します。

Unityのインストール

Visual Studio 2017がインストールされていることを前提に説明をします。

Unityの開発環境はVisual Studioのインストーラを使用してインストールすることが可能です。

Visual Studioのインストーラを起動したら、「Unityによるゲーム開発」にチェックを付けて、右下の[変更]ボタンをクリックします。

あとはインストールが完了するのを待ちます。

2Dプロジェクトの作成

Unityをインストールすると、デスクトップには以下のようなアイコンが作成されます。はじめに、このアイコンをダブルクリックします。

以下の画面が表示されるので、サインインをします。Unityのアカウントがある場合は、そのユーザーとパスワードでサインインしましょう。そうでない場合は、GoogleかFacebookのアカウントでサインインします。

続いて、ライセンスの選択画面が表示されます。個人開発の場合はPersonalを選択します。

ライセンスの同意画面が表示されるので、自分が使用するライセンスに合わせて選択して、[Next]をクリックします。

次に簡単なアンケートに答えると「Thank you!」の画面が表示され、Unityが使用できるようになります。

次にプロジェクト作成画面になるので、[New Project]ボタンをクリックします。

次に、作成するプロジェクトの情報を入力します。

一番上には、作成するプロジェクト名を入力します。2Dのプロジェクトを作成するので「2D」を選択しておきます。

2番目はプロジェクトファイルの保存先です。

最後は、作成する会社名や組織名を入力し、右下の[Create Project]ボタンをクリックします。

以上でプロジェクトの作成は完了です。

[Unity] Visual Studio 2013 Tools for Unityの導入

Unity開発をVisual Studio 2013で行えるようにするために、今回はVisual Studio 2013 Tools for Unityを導入します。

タイトルと通り、Visual Studioのバージョンは2013となりますので注意してください。

2013以外にもVS 2010, VS 2012で使用することができます。


Visual Studio 2013 Tools for Unityは、こちらからダウンロードします。

VS2010またはVS2012用は以下のからダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、起動してインストールを開始します。

最初の画面では「I accept..」にチェックを付けて[Install]ボタンをクリックします。

Step1

 

インストールが開始されます。

 

Step2

 

インストールが完了したら[Finish]ボタンをクリックします。

 

Step3

 

インストールが完了したら、Unityを起動し[Assets]-[Import Package]-[Visual Studio 2013 Tool]をクリックします。

Visual Studio 2013 Tools

Import Packageダイアログが表示されます。

あらかじインポートに必要な項目にチェックが付いているので、そのまま[Import]ボタンをクリックします。

Visual Studio 2013 Toolsのインポート

 

Unityのメニューに「Visual Studio Tools」が追加されます。

[Visual Studio Tools]-[Open in Visual Studio]をクリックすることで、Unity対応のプロジェクトが作成されてVisual Studioが起動します。

Visual Studioの起動