[Tips][WebBrowser] 前ページ/次ページへ移動する

大抵のウェブブラウザは「前ページに戻る」「次ページへ進む」機能が備わっています。

WebBrowerコントロールでは、CanGoBackプロパティCanGoForwardプロパティを使用して前ページや次のページの履歴があるかを確認し、履歴がある場合はGoBackメソッドGoFowardメソッドを使用してページを移動させます。

下記は前ページ/次ページへ移動する例です。

VBの例

' フォームロード時の処理
Private Sub Form2_Load(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    '★★★指定したURLを表示する★★★
    WebBrowser1.Url = New Uri("http://blog.hiros-dot.net")
End Sub

' [前ページの表示]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnCanGoBack_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles btnCanGoBack.Click
    '★★★前ページの履歴があるか?★★★
    If WebBrowser1.CanGoBack = True Then
        '★★★前ページに戻る★★★
        WebBrowser1.GoBack()
    End If
End Sub

' [次ページの表示]ボタンクリック時の処理
Private Sub btnCanGoForward_Click(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles btnCanGoForward.Click
    '★★★次ページの履歴があるか?★★★
    If WebBrowser1.CanGoForward = True Then
        '★★★次ページに進む★★★
        WebBrowser1.GoForward()
    End If
End Sub

C#の例

// フォームロード時の処理
private void Form2_Load(object sender, EventArgs e)
{
    //★★★指定したURLを表示する★★★
    webBrowser1.Url = new Uri("http://blog.hiros-dot.net");
}

// [前ページの表示]ボタンクリック時の処理
private void btnCanGoBack_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // ★★★前ページの履歴があるか?★★★
    if (webBrowser1.CanGoBack == true)
    {
        // ★★★前ページに戻る★★★
        webBrowser1.GoBack();
    }
}

// [次ページの表示]ボタンクリック時の処理
private void btnCanGoForward_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // ★★★次ページの履歴があるか?★★★
    if (webBrowser1.CanGoForward == true)
    {
        // ★★★次ページに進む★★★
        webBrowser1.GoForward();
    }
}

[Tips][WebBrowser] 指定したWebページを表示する

WebBrowserコントロールに指定したWebページを表示するにはUrlプロパティを使用します。

UrlプロパティにはUriクラスのインスタンスを指定します。

下記は、指定したWebページを表示する例です。

VBの例

' フォームロード時の処理
Private Sub Form1_Load(sender As System.Object, e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    '★★★指定したURLを表示する★★★
    WebBrowser1.Url = New Uri("http://blog.hiros-dot.net")
End Sub

C#の例

// フォームロード時の処理
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    //★★★指定したURLを表示する★★★
    webBrowser1.Url = new Uri("http://blog.hiros-dot.net");
}