[Tips][ComboBox] 項目を削除する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


ComboBoxの項目を削除するには、Itemsコレクションが持つRemoveメソッドまたはRemoveAtメソッドを使用します。

Removeメソッドは、ComboBoxに表示されている文字列を指定して削除することができます。また、RemoveAtメソッドは、削除したい項目のインデックスを指定して削除することができます。

下記はRemoveメソッドで項目を削除する例です。

VBの例

'Removeの例
Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Dim strData() As String = {"A", "B", "C", "D", "E"}
    'コンボボックスにアイテムを追加する
    ComboBox1.Items.AddRange(strData)
End Sub

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
    '"C"を削除します
    ComboBox1.Items.Remove("C")
End Sub

C#の例

'Removeの例
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    string[] strData = { "A", "B", "C", "D", "E" };

    //コンボボックスにアイテムを追加する
    comboBox1.Items.AddRange(strData);
}

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    //"C"を削除します
    comboBox1.Items.Remove("C");
}

下記はRemoveAtメソッドで項目を削除する例です。

VBの例

'RemoveAtの例
Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Dim strData() As String = {"A", "B", "C", "D", "E"}
    'コンボボックスにアイテムを追加する
    ComboBox1.Items.AddRange(strData)
End Sub

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
    '2番目の項目を削除します
    ComboBox1.Items.RemoveAt(2)
End Sub

C#の例

'RemoveAtの例
private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    string[] strData = { "A", "B", "C", "D", "E" };

    //コンボボックスにアイテムを追加する
    comboBox1.Items.AddRange(strData);
}

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    //2番目の項目を削除します
    comboBox1.Items.RemoveAt(2);
}

[Tips][ComboBox] 項目を挿入する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。


ComboBoxに項目を挿入するには、ItemsコレクションのInsertメソッドを使用します。

第1引数に項目挿入位置(0から始まるインデックス)を、第2引数には挿入する項目を指定します。

下記は項目を挿入する例です。

Private Sub Form1_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.Load
    Dim strData() As String = {"A", "B", "D", "E"}
    'コンボボックスにアイテムを追加する
    ComboBox1.Items.AddRange(strData)
End Sub

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
    '"C"を"B"の後ろに挿入します
    ComboBox1.Items.Insert(2, "C")
End Sub

C#の例

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    string[] strData = {"A","B","D","E"};

    //コンボボックスにアイテムを追加する
    comboBox1.Items.AddRange(strData);
}

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
    //"C"を"B"の後ろに挿入します
    comboBox1.Items.Insert(2, "C");
}

 

[Windows ストアアプリ] ComboBoxにアイテムを追加する

Windows ストアアプリのComboBoxにアイテムを追加するにはItemsコレクションのAddメソッドを実行します。

たとえば文字列型のアイテムを追加するには、下記のようにします。

C#の例

comboBox1.Items.Add("リンゴ");
comboBox1.Items.Add("みかん");
comboBox1.Items.Add("バナナ");

ComboBoxにアイテムを追加する例

XAMLでComboBoxにアイテムを追加する場合には下記のようにします。

<x:String>~</x:String>の間に、追加するアイテムを記述します。

XAMLの例

<ComboBox x:Name="comboBox1" HorizontalAlignment="Left" VerticalAlignment="Top">
    <x:String>リンゴ</x:String>
    <x:String>みかん</x:String>
    <x:String>バナナ</x:String>
</ComboBox>