ファイル操作

スポンサーリンク
C#

[Tips][ファイル操作] ファイルの存在を確認する

FileクラスのExistsメソッドを使用すると、ファイルが存在するかどうかを確認できます。 このメソッドは指定したファイルが存在する場合はTrueを返します。 下記はファイルの存在を確認する例です。 VBの例 ...
C#

[Tips][ファイル操作] ファイルをコピーする

ファイルをコピーするには、FileクラスのCopyメソッドを使用します。 Copyメソッドの第1引数にはコピー元のファイルパスを、第2引数にはコピー先のファイルパスを記述します。 コピー先にすでに同じ名前のファイルがある場合、上...
C#

[Tips][ファイル操作] テキストファイルを読み込む(2) ReadLineメソッドの利用

StreamReaderクラスを使用して、ファイルの中身を1行ずつ読み込むにはReadLineメソッドを使用します。 ReadLineメソッドは、データがない行(ファイルの終端など)で実行するとエラーが発生します。このため、一般的には...
C#

[Tips][ファイル操作] テキストファイルを読み込む(1) ReadToEndメソッドの利用

テキストファイルを読み込むにはSystem.IO名前空間にあるStreamReaderクラスを使用します。 StreamReaderクラスは多くのコンストラクタがありますが、このTipsでは「読み込むファイルのパス」と「エンコーディン...
C#

[Tips][ファイル操作] テキストファイルを作成する(3) エンコーディングを指定する

StreamWriterクラスは、既定でUTF-8を使用してファイルを作成します。 任意のエンコーディングを指定するには、エンコーディングが指定できるコンストラクタ(下表)を使用します。 エンコーディングが指定可能なコンストラクタ ...
C#

[Tips][ファイル操作] テキストファイルを作成する(2) ファイルの上書きと追加書き込み

StreamWriteクラスのコンストラクターStreamWriter(String, Boolean)を使用すると、ファイルの上書きや追加書き込みを制御することができます。 コンストラクタの第1引数は作成するファイルのパスを指定しま...
C#

[Tips][ファイル操作] テキストファイルを作成する(1)

今回からファイル操作について取り上げます。 テキストファイルを作成するにはSystem.IO名前空間にあるStreamWriterクラスを使用します。 StreamWriterクラスは多くのコンストラクタを持っているです...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました