ComboBox

スポンサーリンク
ComboBox

[Windows ストアアプリ] ComboBoxで選択されている項目が変更されたことを知る

ComboBoxで選択項目が変更されたことを知るには SelectionChanged イベントを使用します。 たとえば、下記は選択項目が変更された時に処理をする例です。 選択項目が変更されると、新しく選択された項目のテキストを...
ComboBox

[Windows ストアアプリ] ComboBoxのドロップダウン部分をコードから操作する

ComboBoxのドロップダウン部分はコードから開いたり閉じたりすることができます。 IsDropDownOpenプロパティにtrueを設定すると、ドロップダウン部分を開くことができます。 下記は、ボタンがクリックされたときにC...
ComboBox

[Windows ストアアプリ] ComboBoxで選択されている項目のテキストを取得する 〜その2〜

ComboBoxで選択されている項目のテキストを取得するでは、SelectedItemプロパティをWindows.UI.Xaml.Controls.ContentControl型にキャストして、選択されているテキストを取得する方法について...
スポンサーリンク
ComboBox

[Windows ストアアプリ] ComboBoxで選択されている項目のテキストを取得する

ComboBoxで選択されている項目のテキストを取得するには、いくつかの段階を踏む必要があります。 現在選択されている項目自体は、SelectedItemプロパティで取得することができます。しかし、テキスト部分を取得するには一度Win...
ComboBox

[Windows ストアアプリ] ComboBoxで任意の項目を選択する

ComboBoxに表示されている任意の項目を選択するには、SelectedIndexプロパティを使用します。 SelectedIndexプロパティには、選択したい項目のインデックスを指定します。 たとえばインデックスが2の項目を...
ComboBox

[Windows ストアアプリ] ComboBoxのアイテム数を取得する

ComboBoxに表示されているアイテムの数は、ItemsコレクションのCountプロパティで取得することができます。 たとえば変数nCntにアイテム数を取得する場合は、下記のようにします。 int nCnt = comboBox1...
C#

[Windows ストアアプリ] ComboBoxにオブジェクトを追加する

WindowsストアアプリのComboBoxでは、項目としてテキストを表示するだけではなく、ButtonやRadioButtonといったオブジェクトも表示することができます。 デザイン時にオブジェクトを追加する場合は、プロパティウィン...
C#

[Windows ストアアプリ] ComboBoxのアイテムを削除する

Windows ストアアプリのComboBoxにアイテムを削除するにはItemsコレクションのRemoveメソッドかRemoveAtメソッドを実行します。 項目を指定して削除したい場合にはRemoveメソッドを使用します。引数には削除...
C#

[Windows ストアアプリ] ComboBoxにアイテムを挿入する

Windows ストアアプリのComboBoxにアイテムを追加するにはItemsコレクションのInsertメソッドを実行します。 Insertメソッドの第1引数には項目挿入位置となるインデックスを、第2引数には挿入する項目を指定します...
ComboBox

[Tips][ComboBox] オーナードローを使用する

本記事はWindowsアプリケーションのTipsです。 オーナードローを使用することで、コンボボックスのアイテムを自由に描画することができます。 ここではフォントの一覧を、そのフォントを使用して描画する例を紹介します。 1...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました