[Unity] 落下するキャラクターを着地させる

今回は、落下してくるキャラクターを床に着地させます。

まずは前回のプロジェクトを開きAssetsのImagesフォルダーに床のイメージを追加して、シーンに貼り付けます。(ブロックの画像は個人で準備ください)

床を追加

まずは、この状態でゲームの実行をしてみましょう。

現時点ではキャラクターは床に着地することなく床をすり抜けてしまいます。

床をすり抜ける

 

床に着地するためには、キャラクターと床にコンポーネントを追加します。

追加するコンポーネントは「Box Collider 2D」です。

最初に落下するキャラクターを選択して「Box Collider 2D」を追加し、続いて床を選択して同様に「Box Collider 2D」を選択します。

Box Collider 2Dの追加

以上の設定が終わったら実行して見ましょう。

落下してきたキャラクターは、床に着地をするようになります。

床への着地

もし、着地に失敗するような場合は、キャラクターか床にBox Collider 2Dが設定されていない可能性があるので確認してみましょう。

[Unity] キャラクターを落下する

前回作成したプロジェクトを起動して、キャラクターを落下させてみましょう。

最初に再生ボタンを押してゲームが実行できるかを確認してみましょう。

再生ボタン

実行されたゲーム画面

現時点ではイメージを追加しただけなので、ゲームのように動くことはありません。


重力を追加する

次にキャラクターに重力を追加します。

キャラクター(スプライト)につけることが可能な物理演算は「コンポーネント」と呼ばれます。

シーンに配置されているキャラクターを選択したら、Inspectorビューで[Add Component]ボタンをクリックして「Physics 2D」を選択します。

Physics 2Dを選択

「Physics 2D」を選択すると、メニューが切り替わります。その中から「Rigibody 2D」を選択します。

Rigibody 2D

Inspectorビューに「Rigibody 2D」が追加されます。

Rigibody 2Dが追加される

この状態で実行ボタンを押してみましょう。

シーンに追加したキャラクターが落下をします。

キャラクターが落下する

[Unity] 2Dプロジェクトの作成とアセットの追加

今回は2Dプロジェクトを作成して、キャラクターを表示してみます。

最初に新規プロジェクトを作成します。

以下の画面のように、プロジェクト名を入力し、「2D」を選択することで、2D用のプロジェクトとなります。入力後[Create Project]ボタンをクリックします。

新規プロジェクトの作成

Visual Studio 2013 Toolsを使用する場合は[Assetes]-[Import Package]-[Visual Studio 2013 Tools]でインポートをします。

画像を追加する

次に表示する画像を追加します。

プロジェクトビューのAssetsフォルダーを右クリックし、コンテキストメニューから[Create]-[Folder]をクリックして「Images」という名前のフォルダーを作成します。

Imagesフォルダーの作成

 

フォルダーが追加されるとプロジェクトビューは以下のようになります。

Imagesフォルダーの追加

 

次に表示するアセット(イメージ)を追加します。

「Images」フォルダを選択して右クリックし、[Import New Assets…]をクリックします。

アセットの追加

 

「Import New Asset」ダイアログが表示されるので、追加するイメージを選択して[Import]ボタンをクリックします。

追加するアセットの選択

 

今回、ゲーム素材サイト「HI-TIME」さんの素材を利用させていただきました。

Assetsフォルダーにアセットが追加されるので、追加されたイメージをドラッグして、シーン(画面)にドロップします。

画像の追加

以上で2Dプロジェクトの作成とアセットの追加方法説明は終了です。

次回、キャラクターを動作させてみたいと思います。